はじめに
気軽に現金化ができる方法として注目を集める後払い現金化をご存じでしょうか。
ここでは、後払い現金化とクレジットカード現金化の違い、後払い現金化で使える後払いアプリの種類など、後払い現金化に関する様々な情報をお伝えします。
後払い現金化で現金を手に入れるための役立つ参考になれば幸いです。

後払い現金化とクレジットカード現金化の違い

現金化とは、何らかの品物を購入して、購入した品物を売却することによって現金を手に入れる方法を指します。
後払い現金化とクレジットカード現金化は、現金化の基本的な流れは同じですが、品物を購入する際の決済手段が異なります。
後払い現金化は後払いアプリでの決済、クレジットカード現金化はクレジットカード決済をするという相違点をしっかり押さえておいてください。
決済方法が異なるという点以外は、同様の手順に沿って現金が手に入れられるため、現金化の可能性の幅を広げたいという人は、後払い現金化に目を向けてみるとよいでしょう。

後払い現金化のメリット
後払いアプリで現金化をするメリットには、どのような点が挙げられるのでしょうか。
クレジットカード現金化には、クレジットカードを作る段階での審査が厳しく、カード自体を作ること自体が難しいという側面があります。
後払いアプリの場合、クレジットカードのように厳正な審査があるわけではなく、アプリをダウンロードして登録すれば、すぐに後払いアプリを利用できます。
クレジットカードを作るのが困難であるという理由で現金化を諦めていた人でも、後払い現金化であれば現金化が実現できるケースも少なくありません。
金融ブラックやクレジットカードの支払い停滞中の人であっても、後払い現金化は利用可能です。
幅広い層が気軽に現金化がしやすいという点は、後払い現金化ならではのメリットと言えます。

後払い現金化のメリットとしては、その時点で全くお金がなくても現金化ができるという点が挙げられます。
クレジットカードよりも審査に通りやすいカードとして知られるプリペイドカードは、基本的に前払い方式のため、お金をチャージした上で決済をする必要があります。
後払いアプリの場合、チャージ型と非チャージ型の2つのタイプから選択できます。
非チャージ型であれば、クレジットカードと同じように、次の引き落とし日に口座からお金の引き落とされる仕組みです。
口座引き落とし以外に、支払期限内までにコンビニ払い、銀行振り込みをするという方法を選択することもできます。
決済の時点でお金を用意しておく必要はなく、ツケ払いで決済ができて大変便利です。
非チャージ型の後払いアプリを活用すれば、クレジットカード同様の利便性の高さ、プリペイドカード同様の手軽さを感じられる快適な現金化を実現できます。

後払い現金化の注意点

多様なメリットのある後払い現金化ですが、安全に利用するには覚えておきたい注意点もあります。
まず、翌月の支払日までに利用した金額のお金を用意しておく必要があるという点は、しっかり認識しておいてください。
後払いは気軽に利用しやすい決済手段のため、ついつい使い過ぎてしまいがちです。
使った分を支払日までに無理なく用意できる範囲内で、現金化をするようにしてください。

後払い現金化をする上では、優良な業者を選んで利用するということも、重要なポイントとなります。
業者のなかには、申し込みをしたのに一向に現金が振り込まれないといった詐欺まがいの行為を働く悪徳業者も残念ながら存在しています。
また、業者利用をすることで、個人情報が悪用されたり、ネット上に晒されたりしてしまうというリスクもゼロではありません。
急いでお金を用意しなければいけないという差し迫った状況下では、業者選びに時間を掛けずに目に留まった業者にすぐに申し込みをしてしまうという人もいるでしょう。
焦って申し込みをしてしまい、結果的に悪徳業者に騙されるというリスクを防ぐために、しっかり業者選びをするようにしてください。

後払い現金化ができる後払いアプリ後払い現金化おすすめアプリ

①ペイディ

後払い現金化ができる後払いアプリには、複数の選択肢があります。
利用者数の多い人気の後払いアプリのひとつが、ペイディです。
ペイディは、スマートフォンひとつで気軽に後払いのサービスが利用できるアプリです。
利用開始時に、本人確認ができる身分証明書の提示は必要ですが、金融関係の審査があるわけではないため、気軽に利用できます。
ペイディの利用限度額は、初回は1万円~5万円の設定です。
初回の利用限度額はさほど多くありませんが、利用実績に応じて利用限度額が上がる仕組みになっていて、最大25万円まで利用可能です。
ペイディは、Visaマークのあるネットショップであればどの店舗でも利用できるため、利用できる店舗数が充実しています。
支払い方法が、コンビニ払い、銀行振り込み、口座振替、すぐ払いという4つの方法から選択できるところも、ペイディの特徴です。
後払いができるコンビニ払い、銀行振り込み、口座振替の方法を選択した場合、利用した日の翌月10日までに支払いをする必要があります。
翌月1日から3日ごろまでにメールとSNSで請求金額のお知らせが届きますので、届いた内容を確認して、10日までにお金を用意しておきましょう。

後払い現金化ができる後払いアプリ

①バンドルカード

バンドルカードは、グローバルなカードブランドであるVisaカードとして使えるアプリです。
メガバンクのMUFGグループが運営しているということもあって、安心して利用しやすい後払いアプリとして評価されています。
バンドルカードの場合、利用する際に、面倒な審査がありません。
ペイディでは身分証明書の提示が必要ですが、バンドルカードでは本人確認のための身分証明書の用意をしなくても大丈夫です。
電話番号の登録によるSMS認証が完了すれば、気軽にサービスを利用開始できるため、利用開始に伴う手続きがスムーズに進められます。

バンドルカードでは、「ポチっとチャージ」の機能を使えば、即時に指定した金額分がチャージされます。
支払いは後日行えばよいため、その時点では一切手元にお金がなくても、品物を購入して現金化ができて便利です。
「ポチっとチャージ」を利用した場合、翌月末までの好きなタイミングに支払いをすれば大丈夫です。
支払日に比較的にゆとりがあるため、無理なくお金を用意して支払いをしやすいところにも注目しましょう。
「ポチっとチャージ」では、1回につき3,000円から上限金額までチャージできます。
ひと月あたりの上限金額に達するまでは、何度でも繰り返し「ポチっとチャージ」を利用可能です。
上限金額は、最大50,000円で、利用実績に応じて増額されます。
最大でも50,000円までしか利用できないため、高額な現金化をしたいというニーズには十分に応えられないという側面があるということは、バンドルカードでの現金化をする上で覚えておきたい注意点です。
また、「ポチっとチャージ」は、チャージするごとに手数料が掛かるという点にも、注意が必要です。
バンドルカードで後払いを利用できる支払い方法には、「ポチっとチャージ」以外の選択肢もあります。
ドコモユーザーの場合、通信料の支払いと合算して翌月に請求されるキャリア決済のドコモ払いを選択するのがおすすめです。
ドコモ払いであれば、「ポチっとチャージ」のようにチャージの度に手数料を支払う必要がありません。
上限金額が設定されているケースもありますが、最大で100,000円と上限金額が比較的高いため、高額な現金化にも活用しやすいです。

現金化の可能性を広げるなら、キャリア決済もおすすめ!

後払い現金化の業者のなかには、後払いアプリ以外にキャリア決済での現金化に対応している業者が多数あります。
ツケ払いで現金化をしたい場合、後払いアプリによる現金化以外に、キャリア決済にも目を向けてみるとよいでしょう。
キャリア決済とは、NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクという大手キャリアが提供している決済サービスで、携帯電話やスマートフォンの通信料と合わせて利用料金が請求される仕組みになっています。
基本的にはキャリア決済が利用できるのは大手3社のみで、格安SIMでは利用ができないため、注意してください。

キャリア決済を活用した現金化は、各キャリアで契約をしている人にとっては、後払いアプリの現金化よりもさらにハードルが低い方法です。
既に所有しているIDを利用して決済が行えるため、アプリをダウンロードするといった手間を掛けずに、スピーディに決済を行って現金化ができます。

NTTドコモの場合、契約期間に応じて利用上限額が設定されています。
契約期間が25カ月以上の長期ユーザーの場合、最大で100,000円までキャリア決済を利用可能です。
auとソフトバンクに関しては、契約期間に関わらず、20歳以上であれば最大100,000円まで利用できます。

上限金額が比較的高く、手数料も不要なキャリア決済を活用すれば、決済する時点でお金がないという人でも快適に現金化ができるはずです。
なお、キャリア決済での現金化についても、後払いアプリと同様に使い過ぎは禁物です。
支払日には使った分のお金を用意する必要があるという点を忘れないようにしてください。

まとめ

後払い現金化は、現金化をするために品物を購入するにあたって、後払いで品物を購入して現金化をする方法です。
後払いの仕組みを活用することで、決済する時点で手元にお金がなくても利用できるため、お金がなくて困っているという人のニーズに柔軟に応えてくれます。
現金化の基本的な流れは、クレジットカード現金化とほぼ同じですが、カード審査がゆるく、クレジットカードを作れない人でも現金化が可能であるというメリットがあります。

後払い現金化におすすめの後払いアプリには、ペイディ、バンドルカードがあります。
また、クレジットカード以外での現金化を検討する場合、キャリア決済にも目を向けるとよいでしょう。
その時点でお金がなくても後払いで現金化ができる利便性の高い方法を知り、賢く活用してください。

MENU